Kiri Kuroda

Kiri Kuroda

東京大学

日本学術振興会特別研究員(DC1)

Who’s this?

黒田起吏は、東京大学で社会心理学を専攻する大学院生である。彼は、行動実験・アイトラッキング・認知モデリングを用いながら、ヒトの集団意思決定を研究している。

関心

  • 集団意思決定
  • 不確実性下の意思決定
  • 速さと正確さのトレードオフ

学歴

  • 博士課程(社会心理学), 2018–現在

    東京大学大学院人文社会系研究科

  • 修士(社会心理学), 2018

    東京大学大学院人文社会系研究科

  • 学士(社会心理学), 2016

    東京大学文学部

Papers

論文

Bilateral (but Not Unilateral) Interaction Creates and Cements Norms at the Covert Psychophysical Level: A Behavioral and an Fmri Study

Social norms, including values, beliefs and even perceptions about the world, are preserved and created through repeated interactions between individuals. However, whereas neuro-cognitive research on social norms has used the “unilateral influence” paradigm focusing on people’s reactions to extant standards, little is known about how our basic perceptions and judgments are shaped as new norms through bilateral interaction. Here, using a simple estimation task, we investigated the formation of perceptual norms using two experiments coupled with computational modeling. In the behavioral experiment, participants in dyads repeatedly estimated the number of dots on a screen and viewed each other’s answers. In the fMRI experiment, we manipulated the interaction process by pairing each participant with a computer agent which adjusted its estimations reciprocally to participants’ estimations (bilateral agent) or did not (unilateral). The results indicated that only the bilateral interaction yielded convergence of participants’ covert psychophysical functions (relations between subjective estimations and the actual number of dots) as well as overt behavioral responses within a pair. Bilateral interaction also increased the stability (reliability) of the covert function within each individual after interaction. Neural activity in the mentalizing network (right temporoparietal junction and dorsomedial prefrontal cortex) during interaction modulated the stabilization of the psychophysical function. These results imply that bilateral interaction helps people to cognitively anchor their views with each other. Such spontaneous perspective sharing can yield a shared covert “generative model” that enables endogenous agreement on totally new targets ― one of the key features of social norms.

You Watch My Back, I'll Watch Yours: Emergence of Collective Risk Monitoring Through Tacit Coordination in Human Social Foraging

Predation risk is a significant concern when social animals including humans engage in foraging. When people search for resources together, individuals often find themselves in a producer–scrounger game, in which some individuals bear the cost of risk monitoring while others can free ride on those efforts. A theoretically rational strategy is to mix foraging and risk monitoring randomly with the same probability across all members, but such uncoordinated action often yields inefficiencies of under- or over-supply of risk monitoring in a group. Here, we examined whether people could spontaneously develop a coordinated risk-monitoring system, alternating vigilance and foraging in a pair. Given that human cooperation is vulnerable to fear of exploitation and emotional arousal under risk, we hypothesized that such sources of anxiety would be potential disruptors to coordination. In a laboratory experiment, two participants worked on a “treasure hunt” task simultaneously, in which they chose between low or high vigilance against predators during foraging without verbal communication. If one chose high vigilance with personal cost, it yielded a spillover benefit to the other. Besides behavioral choices, each participant’s physiological arousal (skin conductance response) and cognitive effort (tonic pupil dilation) were measured during the task. Results showed that some pairs were actually able to develop a role-alternating system over time through tacit coordination, but coordinated action was also vulnerable to anxiety and mistrust among participants. Overall, these results imply that, besides the mutual behavioral control that often characterizes repeated interaction, cognitive control of emotional arousal may be a critical psychological factor for the emergence of coordinated cooperation.

Talks

学会・シンポジウム

2020

黒田起吏・伊藤真利子・大槻久・亀田達也 「Speed–accuracy tradeoff状況下で社会情報はどのように処理されるか」 日本社会心理学会第61回大会,オンライン開催,2020年11月7日–8日

黒田起吏・伊藤真利子・大槻久・亀田達也 「Speed–accuracy tradeoff状況における社会情報処理の認知過程」 日本心理学会第84回大会,オンライン開催,2020年9月8日–11月2日( 特別優秀発表賞受賞

2019

黒田起吏・伊藤真利子・大槻久・亀田達也 「Speed–accuracy tradeoff状況における社会情報処理の認知過程」 第12回日本人間行動進化学会明治学院大学,2019年12月7日–8日 (ポスター: 若手発表賞受賞

黒田起吏・伊藤真利子・大槻久・亀田達也 「Speed-accuracy tradeoff状況における二者の意思決定プロセス」 日本社会心理学会第60回大会立正大学,2019年11月9–10日(口頭)

2018

黒田起吏・大槻久・亀田達也 「Speed–accuracy tradeoff状況における二者の意思決定プロセス」 第11回日本人間行動進化学会高知工科大学,2018年12月1日–2日(口頭)

黒田起吏・亀田達也 「リスク下の社会的採餌における協力的な分業の創発 認知–生理–行動実験による検討」 日本社会心理学会第59回大会追手門学院大学,2018年8月28–29日(口頭)

Kiri Kuroda & Tatsuya Kameda. Emergence of cooperative division of labor in dyadic foraging under risk. The 30th Annual Human Behavior and Evolution Society Conference. The University of Amsterdam. July 4th–7th, 2018. (Oral)

2017

黒田起吏・亀田達也 「2者のリスクモニタリング状況における協力的な分業の創発:認知–行動実験による検討」 第10回日本人間行動進化学会名古屋工業大学,2017年12月9日–10日(口頭)

黒田起吏・亀田達也 「信頼と裏切り回避:自他間の資源分配に関する選好と信頼行動の関係」 日本社会心理学会第58回大会広島大学,2017年10月28–29日(口頭)

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「二者の相互作用による知覚傾向の収束:心理物理的技法による検討」 科学研究費基盤(S) ワークショップ「集合知の認知・神経・生態学的基盤」久留米ビジネスプラザ,2017年9月23日(ポスター)

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「二者の相互作用による知覚傾向の収束:心理物理的技法による検討」 日本心理学会第81回大会久留米シティプラザ,2017年9月20日–22日(ポスター)

2016

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「二者の相互作用による知覚傾向の収束:心理物理的技法による検討」 第9回日本人間行動進化学会金沢市文化ホール,2016年12月10日–11日(口頭)

黒田起吏・亀田達也 「信頼は自己投影的な他者推論に支えられる:Social Value Orientationと裏切り回避の関係」 第10回新・社会心理学コロキウム東京大学,2016年11月25日(ポスター)

黒田起吏・亀田達也 「信頼は自己投影的な他者推論に支えられる:Social Value Orientationと裏切り回避の関係」 第20回実験社会科学カンファレンス同志社大学,2016年10月29日–30日 (ポスター: 最優秀ポスター賞受賞

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「二者の相互作用による知覚傾向の収束:心理物理的技法によるSherif実験再訪」 日本社会心理学会第57回大会関西学院大学,2016年9月17日–18日(口頭)

2015

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「集合知の発生条件を探る:共通の反応関数の形成」 第8回日本人間行動進化学会総合研究大学院大学,2015年12月5日–6日(ポスター)

黒田起吏・爲井智也・池田和司・亀田達也 「集合知の発生条件を探る:共通の反応関数の形成」 第19回実験社会科学カンファレンス東京大学,2015年11月28日–29日(ポスター)

Career

職歴・教育歴

 
 
 
 
 

ティーチング・アシスタント

東京大学

2020年10月 – 2021年1月 東京
社会心理学実習IV
 
 
 
 
 

ティーチング・アシスタント

東京大学

2019年10月 – 2020年1月 東京
社会心理学実習IV
 
 
 
 
 

日本学術振興会特別研究員(DC1)

日本学術振興会

2018年4月 – 2021年3月 東京
 
 
 
 
 

ティーチング・アシスタント

東京大学

2017年10月 – 2018年1月 東京
社会心理学実習
 
 
 
 
 

ティーチング・アシスタント

東京大学

2016年10月 – 2017年1月 東京
社会心理学実験実習(1)
 
 
 
 
 

リサーチ・アシスタント

亀田達也研究室

2016年4月 – 2018年3月 東京

Contact

連絡先